インソールって何?聞いたことはあるけれど、使ったことはないという方もいらっしゃるかと思います。
簡単に言うと、靴の中に入っている中敷きのことです。

中敷きと聞くと多くの方は、靴の中のムレや臭い、サイズ調整の目的で使用する印象があるかもしれませんが、現在の需要は、身体の痛みの改善、足の悩みの改善、運動のパフォーマンスUPなど、時代と共にインソールの役割が一段と高まり始めました。
そんなインソールも、一昔前までは認知度が非常に低く、一般的に流通しているものではありませんでした。それは中敷きが靴と一体化していて取り外しができない靴が主流だった為です。

現在では運動に使われるシューズやスパイクはインソールの取り外しが可能ですし、ウォーキングシューズや普段履きの靴までもインソールの取り外しが出来るものが増えてきました。
これは逆に言いますと、メーカー側もインソールの重要性を再認識してきた証拠でもあります。

インソールが初めて開発されたのは、1929年にスポルティング社からゴム製の物で、足にある3つのアーチ(外側縦アーチ、内側縦アーチ、横アーチ)をサポートするインソールの事を目的としたインソールでした。今でこそ脱臭や衝撃吸収、抗菌などいろんなインソールが発売されていますが、元々インソールとはアーチをサポートをする事を目的に作られたのです。

私たちの足裏には、外側縦アーチ、内側縦アーチ、横アーチと3つのアーチが存在します。
このアーチには非常に重要な3つの機能が存在します。

人間が二足歩行できるようになったのは、足裏にこのアーチが形成された事によるものです。
4足歩行の猿から2足歩行の人間に進化を続けながら、アーチは発達しそして完成されていきました。
アーチは非常に柔軟性とフレキシブルな機能を持ち、 スプリング効果で衝撃を吸収&分散する優れた性質があります。

ところが、現代人の多くは運動不足や靴を履く生活環境によりアーチが崩れてしまい、足裏が正しく機能していません。
時代なのかもしれませんが、下駄など鼻緒がある履き物を履かなくなり、小さい頃から靴と靴下を履く生活になってしまった事で、足裏の筋肉を使い足を動かす事や、足裏を刺激する機会が著しく不足してしまいました。これがアーチの弱体化の理由です。
オーダーメイドインソール製作会社の独自調査によりますとと、正常なアーチを構築していた方はたったの12%、実に88%の人がアーチが崩れた状態との報告がありました。
このアーチの崩れよる機能低下が、足底筋膜炎・外反母趾・扁平足・オーバープロネーション(過剰回内)などの足の様々な疾患を引き起こし、膝痛・股関節痛・腰痛・身体の歪みなどの様々な問題の一因となっています。

この為、正しいアーチを機能させる目的で、現代人にはインソールが必要不可欠なのです。

インソールを入れる事でこのような効果があります。 

  • 重心バランスが整う事で、膝のねじれ、股関節のねじれ、骨盤の歪み、背骨の歪みが軽減し、外反母趾・扁平足・腰痛・膝痛・股関節痛・肩こりなどの様々な症状の原因が改善されます。

  • 足首がねじれた状態(オーバープロネーション:過剰回内)が改善され、足が地面にまっすぐ着地する事で、動く力と支える力が正確に地面に伝わります。
    これによりケガのリスクが軽減し、パフォーマンスも向上します。

  • 足裏アーチが正常に機能する事で、歩行や走行時、ジャンプ時などにおける、足に掛る負荷を効率よく吸収&分散する事ができる為、身体への負担を大幅に軽減する事が出来ます。

※U2オーダーメイドインソールを使用した時の予想効果です。

このような目的で
使われています。
  • パフォーマンスの向上
    捻挫の予防
    肉離れの予防
    脚の疲労の軽減や予防
    足裏の痛みの軽減や予防
    ひざの痛みの軽減や予防
    ふくらはぎの痛みの軽減や予防
    腰痛の軽減や予防
    オスグッドによる痛みの軽減や予防
    シンスプリントによる痛みの軽減や予防
    姿勢向上
    持久力の向上
    ジャンプ力の向上
    マメやタコの軽減や予防
    走りやすくなる
    シューズが長持ちする

  • カイロプラクティックの治療効果が長持ちする
    姿勢の向上
    歩きやすくなる
    走りやすくなる
    ケガの予防
    足の疲れ軽減
    ひざ痛の軽減
    腰痛や肩こりなどの軽減
    扁平足による足や膝の痛みの軽減
    外反母趾による痛みの軽減
    内反小趾による痛みの軽減
    足裏の痛みの軽減
    足底筋膜炎による痛みの軽減
    巻き爪による痛みの軽減
    O脚、X脚の改善
    むくみ防止

では、インソールはどんな物でもいいのでしょうか?いいえそれは違います。
インソールの全体像を知り、そして用途や目的に合わせてしっかり選ばないといけません。
インソールは、中敷きとも呼ばれ、消臭目的やサイズ調整目的の100均で売っている既製品インソールもあれば、10万円以上する高価なオーダーメイドインソールもあります。

インソールを選ぶ基準は、金額で判断してはいけません。
クライアントさん毎に足裏アーチ形状をいかに正確に測定し、精密に再現し、密着してサポート出来るか?そしてその状態を長くキープ出来るか? が重要になります。

安価な既製品ですと、多くは足裏に合わず逆に足に痛みが出てしまいます。
また足裏のアーチ形状は、アーチの無い扁平足の方もあれば、逆にアーチが高すぎるハイアーチの方もいます。これらの方が同じ形状の既製品インソールで快適に生活できるでしょうか?出来ませんよね。

当社では、U2セミオーダーインソールやU2既製品インソールも販売しておりますが、一番のおすすめは、U2オーダーメイドインソールになります。クライアントさん毎に足裏アーチ形状をコンピューターで測定し、0.02mmの精度で樹脂板から加工し足裏に密着させます。また製作したアーチは過酷な使用状況においても、かつ夏場の熱い時期での使用環境においても、半永久的に足裏アーチ形状をキープしたままサポートし続けます。

足裏アーチ形状を正確に測定・再現し、そしてより長く密着状態をキープ出来るインソールが、U2オーダーメイドインソールです。
他社に負けない最高のインソールを提供しています。

下の画像は当社にてU2オーダーメイドインソールをご注文頂いた方の実際の足圧分布のデータです。
ご覧頂ければお解りのように足圧分布を測定しますと多くの方に重心の乱れがあります。
重心が乱れた状態で生活を続けていきますと、足や膝、股関節、腰などに痛みが出てくる他、同時に筋肉バランスも乱れ姿勢も悪くなります。またスポーツをされている方は、このバランスの乱れがパフォーマンス低下やケガに繋がります。更にカイロプラクティックなどで骨格を矯正されている方も、足のバランスが乱れてしまっている状態ですと、矯正効果も長持ちしなくなります。

正常
足裏全体に圧力が均等に分布しており、且つ左右差もない状態です。親指にも足圧がある理想の状態です。
  • 扁平足

    土踏まずが無く、足裏全体でべったりと身体を支えている状態です。アーチが無いので、足や膝には疲労が蓄積します。

  • 重心の乱れ

    重心が左外側に偏っていて、更に両足共かかと側にも偏っています。右足の拇指には体重が殆ど乗っていない、すごく乱れた足圧状態です。

  • ハイアーチ

    アーチが通常より高く、拇指とかかとのみで身体を支えている状態です。足裏は非常に疲れます。

  • 左重心

    土踏まずはしっかりしていますが、左足に重心が偏っている状態です。